サービスご紹介

XX

建物も人と同じで、不良部分とその症状を把握するには、最善な修繕方法と改善策は、調査診断から導き出します。
ビル調査隊では数多くの実績をもとに幅広いサポートをいたしております。
お気軽にご相談ください。

調査診断の流れ

調査診断方法
目視打診調査
  • XX
  • XX
  • XX
  • XX
レーダー探査
  • XX
  • XX
  • XX
  • XX
X線探査
  • XX
  • XX
  • XX
  • XX
赤外線調査
  • XX
  • XX
  • XX
  • XX
シュミットハンマー
  • XX
  • XX
  • XX
  • XX
膜圧測定
  • XX
  • XX
  • XX
  • XX
コンクリート中性化
  • XX
  • XX
  • XX
  • XX
圧縮強度
  • XX
  • XX
  • XX
  • XX
塩化物測定
  • XX
  • XX
  • XX
  • XX
タイル付着力
  • XX
  • XX
  • XX
  • XX
塗膜付着力
  • XX
  • XX
  • XX
  • XX
ダンベル試験
  • XX
  • XX
  • XX
  • XX
ガス圧入試験
  • XX
  • XX
  • XX
  • XX
内視鏡観察
  • XX
  • XX
  • XX
  • XX

特殊建築物定期調査報告

1.定期報告制度のとは?

特定行政庁が一定の建築物、昇降機及び換気・排気設備等の建築設備を指定し、
これらの建築物については所有者・管理者に委ねるだけでなく、専門技術を有する資格者に調査・検査をさせ、
その結果を特定行政庁へ報告することを義務付けています。(建築基準法第12条第1項及び第3項)
また、定期報告をすべきであるのにしなかったり、虚偽の報告を行った場合は、罰則の対象(百万円以下の罰金)
となります。(建築基準法第101条第1項第2号)

※建築物は3年毎、設備・昇降機は1年毎の定期報告となります。

2.定期調査報告は調査方法等が見直され、年々厳しくなっています。

特定行政庁が一定の建築物、昇降機及び換気・排気設備等の建築設備を指定し、
これらの建築物については所有者・管理者に委ねるだけでなく、専門技術を有する資格者に調査・検査をさせ、
その結果を特定行政庁へ報告することを義務付けています。(建築基準法第12条第1項及び第3項)
また、定期報告をすべきであるのにしなかったり、虚偽の報告を行った場合は、罰則の対象(百万円以下の罰金)
となります。(建築基準法第101条第1項第2号)

3.ビル調査隊の特殊建築物定期調査報告の取り組み

竣工10年未満及び10年経過した建物、どちらの場合でも責任をもって調査・報告書作成・行政への報告を行っております。

お客様のご依頼から完了までの流れ

ビルオーナー様・管理会社様
ページ先頭へ